Deprecated: Function ereg() is deprecated in /virtual/oocp/public_html/boinc.oocp.org/docutil.php on line 183
以下は JE2BWM ほかが作成した翻訳 です。 原文は University of California より GFDL で配付されており、 この翻訳も GFDL に従います。
原文: The BOINC software development process   (翻訳対象の更新日付は 4:20 AM UTC, May 14 2006 です)。

BOINC のソフトウェア開発プロセス

boinc.gif
(英語のみ)

開発に関与するには

BOINC は LGPL(Lesser GNU Public License)のもとで配付される フリーソフトウェアです。 このプロジェクトはソフトウエアのテストと開発を助けるために、定常的に有志を必要としています。 あなたが、関連する技術スキル (C++ による システム・プログラミング、PHP/MySQL を使う ウェブサイト 開発、 WxWidgets プログラミング、autoconf/automake についての専門的知識、など) を一つ以上お持ちであれば、 BOINC の維持と拡張のために我々を助けることができるかもしれません。 カリフォルニア大学がすべての BOINC ソースコードの著作権を保持しており、 BOINC にコードを寄稿すると暗黙的にカリフォルニア大学へ著作権を付与したことになります。 いずれにしても、 BOINC のソースコードをみてフィードバックをいただければ幸いです。

ソースコードを調べはじめる前に、BOINCがどのように動くものなのか、 (参加者プロジェクトの両方にとってどう振る舞うかを) しっかり理解するべきです。

始めようと思う方は、BOINC bug database を見て、 1つか2つバグの修正をし、そのパッチを適切なエリアオーナーに送ってください。 以下の中〜大規模の開発プロジェクトがあなたを待っています。

これらのどれかに着手するなら、その前に davea at ssl.berkeley.edu に相談してください。


BOINCの訳のメインページに戻る | (原文のメインページに戻る)
 

最終更新時刻 00:13:06, 2007年05月09日(JST)
Copyright © 2017 University of California. Permission is granted to copy, distribute and/or modify this document under the terms of the GNU Free Documentation License, Version 1.2 or any later version published by the Free Software Foundation.
Copyright © 2017 Komori Hitoshi(je2bwm at jarl.com). Japanese translation from English web pages on BOINC. Permission is granted to copy, distribute and/or modify this document under the terms of the GNU Free Documentation License, Version 1.2 or any later version published by the Free Software Foundation.