Deprecated: Function ereg() is deprecated in /virtual/oocp/public_html/boinc.oocp.org/docutil.php on line 183
以下は JE2BWM ほかが作成した翻訳 です。 原文は University of California より GFDL で配付されており、 この翻訳も GFDL に従います。
原文: Web and GUI translations   (翻訳対象の更新日付は 9:59 PM UTC, April 23 2007 です)。

ウェブと GUI の翻訳

boinc.gif
(英語のみ)

BOINC には以下の対象を英語以外へ翻訳するために、いくつか仕組みを持っています。

ボランティアで翻訳をする方々への手順説明

翻訳はボランティアの方々が行っています。 支援することに興味があれば、以下のとおりお願いします。

翻訳ファイル(Translation files)

ほとんどの翻訳は、翻訳ファイル(translation files) の仕組みに基づきます。 翻訳ファイルは、PO 形式です。 PO 形式の説明(原文) はここにあります。 これらのファイルの名前は、 'da.po' (Danish/デンマーク語) や 'en.po' (English/英語)のように付けます。 内容はとても簡単な構造をしています。 たとえば、以下の例をみてください。

en.po (English/英語)
msgid "APPS_VERSION"
msgstr "Current version"

msgid "APPS_DESCRIPTION"
msgstr "$PROJECT currently has the following applications. "
"When you participate in $PROJECT, work for one or more "
"of these applications will be assigned to your computer. "
"The current version of the application will be downloaded "
"to your computer. This happens automatically; you don't have to do anything. "


da.po (Danish/デンマーク語)
msgid "APPS_VERSION"
msgstr "Nuværende version"

msgid "APPS_DESCRIPTION"
msgstr "$PROJECT har i øjeblikket følgende applikationer. "
"Når du deltager i $PROJECT vil arbejde fra en eller flere "
"af disse applikationer blive tildelt din computer. "
"Den nuværende version af applikationen vil blive downloadet "
"til din computer. Dette sker automatisk - du behøver ikke at gøre noget."

各翻訳には、CHARSET というトークンが含まれていて、 その値は翻訳で使われている文字セットと一致しなければなりません(たとえば、iso-8859-1 といった値)。
訳注1

以下にいくつかの翻訳ファイルへのリンクを示します。

翻訳の準備ができたウェブページを書くには

ウェブページを翻訳に対して準備できた状態にするには、PHP でウェブページを記述する必要があり、 かつ、以下の行を含まねばなりません。
require_once("../inc/translation.inc");
翻訳対象とする文字の部分(テキストと呼びます)を、 tr(TOKEN) という形に置き換えます。 ここで、 TOKEN はそのテキストに短い名前をつけたものです。 たとえば、
page_head("Current version");
と記述する代わりに、
page_head(tr(APPS_VERSION));
と置き換えます。 BOINC プロジェクトのディレクトリ html/languages/translations には、たくさんの翻訳ファイルが入っています。 このページをブラウザで見るとき、そのブラウザは表示に使える言語の一覧を送ります。 この BOINC の PHP コードはそれらの言語の中から、 翻訳が存在するものうち最初のものを選びます。 利用できる翻訳がなければ、言語として英語を選びます。 表示されるページを生成する最中に、それぞれの tr() 呼び出しが起こり、 引数のトークンを対応する翻訳済みテキストへと置き換えます。

翻訳に対して準備のできたウェブページを作るときには、 文中の語順は言語によって異なるということに留意してください。 つまり、一つの文を複数の翻訳の単位に分けることは避けるべきです。 たとえば、以下のような構成にしてください。

msgid "ACTIVATE_OR_CREATE"
msgstr "Already have an original 'Classic' account as of May 14, 2004? "
    "<br>We've transferred it, just %sactivate it%s. "
    "%sOtherwise %screate a new account%s."
という翻訳ファイルの内容を用意し、PHP から以下のように使います。
printf(tr(ACTIVATE_OR_CREATE),
    "<a href=sah_email_form.php>", "</a>",
    "<p><img border=0 src=images/arrow_right.gif width=9 height=7>",
    "<a href=create_account_form.php>", "</a>"
);

プロジェクト固有の翻訳

BOINC を使ったプロジェクトのウェブサイトは、以下の両方のコンテンツを含みます。

両方のタイプのページを翻訳できるようにするため、 プロジェクトごとに、「プロジェクト固有の翻訳ファイル」を持つことができます。 このファイル群は、 html/user/project_specific_translations というディレクトリに格納します。 プロジェクト固有の翻訳ファイルは、 BOINC の翻訳ファイルに優先して適用されます。

BOINC マネージャ の翻訳

BOINC マネージャのメニューやその他のテキストは、 boinc/locale/client/ という名前のファイルに納められています。


(訳注1):文字セットと一致しなければなりません
character set を「文字セット」と訳しましたが、 ここででてくる CHARSET というトークンは実装上の CHARSET パラメタに対応させるものなので、 文字集合とその符号化の両方を意味しています。

 


BOINCの訳のメインページに戻る | (原文のメインページに戻る)
 

最終更新時刻 15:16:13, 2007年05月19日(JST)
Copyright © 2017 University of California. Permission is granted to copy, distribute and/or modify this document under the terms of the GNU Free Documentation License, Version 1.2 or any later version published by the Free Software Foundation.
Copyright © 2017 Komori Hitoshi(je2bwm at jarl.com). Japanese translation from English web pages on BOINC. Permission is granted to copy, distribute and/or modify this document under the terms of the GNU Free Documentation License, Version 1.2 or any later version published by the Free Software Foundation.